「ちょいハグ」でも十分効果あり

30秒間ギュッとする
ハグの効果を高めるには約30秒間、相手のことをギュッとするのが効果的です。

ハグによって血圧が低下し、副交感神経が優位になってくると説明しましたが、その作用が働くまでには少し時間がかかります。
数秒の短いハグでは、ハグの効果を十分に高められないかもしれません。
意外と30秒は長いので、時間に余裕があるときにゆっくりハグをしたいですね。

新着情報

4/13

オキシトシンが分泌され幸福感を得られる

ハグをするとオキシトシンも分泌されます。
オキシトシンも、βエンドルフィンと同じく幸せホルモンの一種で、人に幸福感を与えてくれます。安心感も得られるので、ハグをした人をより身近に感じ愛情を覚えるのです。
ハグをすることで人が幸せな気持ちになり、思いやりを持った思考や行動をするようになれば、もっと世界的に平和が訪れますね。

本日の出勤

4/13

丸の内スタイルで稼ぐならバニラ求人

TOP